「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
Singapore de Hanagurashi
jardin0106.exblog.jp
カテゴリ:Paris( 13 )
二人の師匠
e0291341_18174251.jpg


パリへの渡航の目的は、この二人にお会いすること。
多くのプロのフローリストが師と仰ぎ、多大な影響を日本の花業界に与え続けるお二人。
それでも気取ることなく、偉ぶることなく、いつも暖かく私たちを迎えてくれます。
来て早々、レッスンを受けさせてもらったり、お会いしたかった花関係の方々をお話ししたり、嬉しい再会もあったりと、盛りたくさんです。

今年はちょっと肌寒いパリ、風邪をひかないように気をつけなくては。
フェイスブックにもパリのこぼれ話をアップしていきます。
まだお済みでない方は、是非”いいね”をくださいまし。
[PR]
by jardin-rivegauche | 2016-07-03 18:03 | Paris | Comments(0)
続・パリ通信
e0291341_2226291.jpg

e0291341_22263020.jpg

e0291341_22263095.jpg

e0291341_22263123.jpg


パリで出会った花たちは、切り花も鉢植えも本当に元気。
色のトーンが、ひとつ明るい感じがします。
切り花は、オランダから水に浸された状態で陸路でパリへ、
鉢植えは郊外の養分が豊潤な土で、でもワイルドに育てられている。
そりゃ、綺麗なわけだよね〜。
[PR]
by jardin-rivegauche | 2014-07-29 22:09 | Paris | Comments(0)
報告がてら、ちょっとパリ通信。
e0291341_055524.jpg

灼熱の日本から戻りました。
皆様には大変な心配をおかけいたしましたが、もう大丈夫。
これは、7月のローズバッド。
枝物満載!
e0291341_0605.jpg

そんなこんな、ブログはやっぱり休みがちで、ダメですよね〜。
実家のネット環境が悪いこともあったのですが、帰ってきた以上は、きちんと書いていけるようにしますからね。
これはレッスンで作った、グラフィックブーケ。
ウェディングに使えます。
e0291341_062272.jpg

写真達は、お分かりの様にパリでの一コマ。
街は美しく、人々は優しく、花は力強い。
おじさんは、ランジスにいるお花農家の人。
毎年、こうして写真を撮らせてもらってます(笑)いい人。
e0291341_062418.jpg

雨がたくさん降って、寒くて凍えそうなパリでしたが、やっぱり好きだな。
e0291341_06262.jpg

キャンドルを灯して、1人静かに夜を過ごしました。
[PR]
by jardin-rivegauche | 2014-07-28 23:49 | Paris | Comments(0)
パリ通信
e0291341_14504640.jpg

e0291341_14504846.jpg

e0291341_14505012.jpg

e0291341_14505231.jpg

e0291341_14505444.jpg

e0291341_14505551.jpg


パリから帰ってきました。
いっぱい刺激を受けて、お勉強もしてきましたよ。
これからゆっくりと、お話させて下さいね。

とりあえず、ただいまです。
[PR]
by jardin-rivegauche | 2014-07-12 14:26 | Paris | Comments(0)
魚眼レンズで覗くパリ。
e0291341_53910100.jpg

e0291341_5393882.jpg

e0291341_539429.jpg


お天気に恵まれたパリでの日々。
みんな、これでもか!って言う位に日光浴をしています。
秋冬になるとお天気が悪くなるから、今のうちに日光を体に貯めておくんだと。
そんなことしたら。。。ソバカスになるぞ~!

あちらは、夏でも涼しいって言うのが通例で、建物には冷房は無いのが当たり前。
でもさすがに、涼しいって言ってもねぇ。
このお天気だと冷房なしはしんどかったなぁ。
[PR]
by jardin-rivegauche | 2013-08-02 01:36 | Paris | Comments(0)
麗しき、シリルの花。
e0291341_84127.jpg


レストランの生け込みの為に、ヴァンソンのビジネスパートナー、シリルが作った花。

近頃、ヴァンソンとのスタイルの違いがよくわかる様になりました。

可愛い~。綺麗~。

少ない色味の中で、どの花材も埋もれない。
作りすぎた感じがなく、みずみずしい。

e0291341_842971.jpg


土曜日に作って、日曜日はお休みで、納品は月曜日だそう。
パリの花材だから、出来る事。
[PR]
by jardin-rivegauche | 2013-07-17 08:05 | Paris | Comments(0)
パリに行って来ました。
e0291341_2252137.jpg


今回もまた、お世話になったヴァンソン・レサール。シリル・コルソンと共に店を構え、パリで1番と言われるフローリストの二人。

彼らの花が大好きです。

数日間のパリステイで、またたくさんの事を吸収出来た様に思います。連日、朝から夕まで、花花花。その後も、花仲間達と、ご飯を食べながら花トークならぬ、女子トーク(笑)

充実しすぎて、ぽっかり空いた最後の日、何もする事が無い位に思い残す事がなく、ただ街をゆっくり歩きました。

滞在したアパルトマンも大当たり。
狭いけれど可愛いアパルトマンで、明るいし静か。
ボンマルシェの食品館の隣、というすばらしきロケーション。

これからゆっくりと、パリのお話をしていきますね。
e0291341_22522483.jpg

そして、最後まで読んでくださった皆様へお知らせです。

近いうちに、パリの資材を使った、テーブルコーディネートにぴったりのお花を作る特別レッスンを、限定6名様で開催します。
パリの老舗ホテルリッツで、実際にテーブルの装花として使われている技術で、小さな4つのキュービックに連作の様に花をいれて行きます。
帰りに、キュービックをそのままゲストにお持ち帰りいただける様なデザインで、特に婚礼の際にリッツでは使われています。
非常にユニークで、眼から鱗のテクニックを、皆様にもお届けしたいと思っております。
ご興味がおありの方は、是非、メールにご連絡下さい。詳しい料金や日程について、お知らせいたします。

まだまだパリのお話を、ブログでして行きます。見ていただけると嬉しいです。
[PR]
by jardin-rivegauche | 2013-07-12 22:40 | Paris | Comments(2)
ヴァンソン・レサール氏のレッスン
e0291341_21572978.jpg


パリのトップフローリストの1人、ヴァンソン・レサール氏のレッスンにお邪魔しました。

彼の花選びは業界内でも有名で、シンプルにしてモダン。ナチュラルにして斬新。
この日も、ユーカリにユリにスカビオサ。いい物を見せてもらっちゃったなぁ。

e0291341_21573214.jpg


始終陽気。この余裕が、花に表れて来る。

e0291341_21573496.jpg


ユリ、下手したらクラシックでダサくなりがちな花材なのに、彼はまるで実物の様に扱って、このモダンな仕上がり。新しい!

e0291341_21573622.jpg


両手に抱えるのがやっと、というサイズ。軽く60本、70本は入っています。重たくて、ヴァンソンも倒れそう!っていうポーズ。彼はいつでもお茶目でコミカルです。花に対する姿勢も、余裕があって、いつも楽しそう。人柄で束ねる、と言われているヴァンソンのブーケだから、貰う人達を癒す力も強いんです。

目標にしたいフローリストの1人です。

e0291341_21573836.jpg


いいっしょ~、てね。
[PR]
by jardin-rivegauche | 2012-12-04 21:44 | Paris | Comments(0)
ブーケと恋は秋の空。
e0291341_1032543.jpg


パリでお世話になったRose budのオーナーの一人、シリル。いつもニコニコしていて優しいシリルは、とてもスイートな花束を作ります。

紅葉を思わせるユーカリ、花びらに秋のニュアンスがあるバラ、スカビオサ。小さくてしなやかな花材を一つ一つ重ねて、、、。

e0291341_103044.jpg


こんなロマンチックな花束に!

花材は小さい分、小振りに見えますが、かなりの数の花材が入っています。60本はくだらないはず。

e0291341_103371.jpg


こんな花束が作れるシリルなのに、、、彼は物凄い恋愛下手らしい。

なぜ(笑)?
[PR]
by jardin-rivegauche | 2012-11-21 09:54 | Paris | Comments(0)
パリに来たならば。
e0291341_2302674.jpg


パリに来ると、お花の修行僧達はこぞってこれを食べに行く。

肉鍋。

花の仕事は体力勝負、しかも底冷えのパリ。

納得だな。しかも、すっごい美味しい。
[PR]
by jardin-rivegauche | 2012-11-13 02:23 | Paris | Comments(0)