ブログトップ
Singapore de Hanagurashi
jardin0106.exblog.jp
<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ナチュラルとアーティフィシャルの間で。
e0291341_1571644.jpg

プリザーブドフラワーは、工作に限りなく近くて、生の花とは全く異なる技術が求められます。
それが昔は苦手でね•••、つまんないなぁ、なんて思った事もあったんです。
e0291341_1571714.jpg

好きになったのは、お教室で皆様の作品を目にするようになってから。
ファンタジックにしてファンタスティック。
プリザーブドフラワーの無限の可能性が見えてきました。
e0291341_1571941.jpg

自分の手から生み出されたアート作品は、本当に大切で可愛い物。
とても満たされた気持ちになります。
e0291341_1572017.jpg


プリザーブドフラワー、限りないナチュラルを目指しています。
[PR]
by jardin-rivegauche | 2013-08-29 03:34 | Comments(0)
さようなら、チューリップ。
e0291341_8254995.jpg


市場からチューリップの姿が消えようとしています。
そろそろ、ヨーロッパから秋のお花が届き始めるかしら?

パリから帰り、私の花はより一層シンプルに(地味に)なっています。
白にグリーン、白にボルドー、お祝いの花ですらそんなだから、「これは万人受けしないよなぁ」なんて思ったりもします。

日本でとても成功してらっしゃるフローリストさん。男性なのに、送り出される花々は、可愛くて彩り豊かで華やか。万人受けする花をスタイリッシュに作れるバランスの良いフローリストだなあ、と思っていました。先日、そのフローリストが自分の為に作った花を見ました。
そこには、赤いダリアにマンダラ模様の食虫花、サボテンの様な質感の蔦物。。

ああ、この人は本当はこんな花が好きなんだ。あのきらびやか花達は、お客様の為に作った、お客様の目線に立ったデザインだったんだ。

と、今更気が付く、私。
未熟です。

e0291341_825501.jpg



さようなら、チューリップ。
また来年会いましょう。
[PR]
by jardin-rivegauche | 2013-08-17 07:45 | Comments(0)
魚眼レンズで覗くパリ。
e0291341_53910100.jpg

e0291341_5393882.jpg

e0291341_539429.jpg


お天気に恵まれたパリでの日々。
みんな、これでもか!って言う位に日光浴をしています。
秋冬になるとお天気が悪くなるから、今のうちに日光を体に貯めておくんだと。
そんなことしたら。。。ソバカスになるぞ~!

あちらは、夏でも涼しいって言うのが通例で、建物には冷房は無いのが当たり前。
でもさすがに、涼しいって言ってもねぇ。
このお天気だと冷房なしはしんどかったなぁ。
[PR]
by jardin-rivegauche | 2013-08-02 01:36 | Paris | Comments(0)